2017年5月2日火曜日

テントウムシの幼虫

これは苺の葉にとまっているテントウムシの
幼虫です。

点々とたくさんの幼虫を見つけりことが
出来ます。

テントウムシはアブラムシの天敵で
害虫のアブラムシを食べつくしてくれます。

アブラムシがいると葉は煤けて
黒くなり苺は出荷できなくなります。

テントウムシのおかげで葉はつやつやしており
ゴールデンウィークにはたくさん熟れてきます。
孫らはいちご狩りに大挙やってくるでしょう。

2017年5月1日月曜日

ブロッコリーの花

昨秋ブロッコリーを収穫した後
脇芽が出て小さなブロッコリーが沢山採れた。

それを束ねて安く売ったら
完売していた。

採っても採っても次から次ぎへと
小さなブロッコリーが採れる。

こんなにブロッコリーが採れたのは初めてです。
だんだんと土が良くなったからでしょうか

あちこち配ったり、毎日のように
食べても採りつくせない。

その内こんなに花が咲いてしまった。
昨日はトラクターで鋤きこみました。

これから植えるトーモロコシが
よく育つかな?


2017年4月30日日曜日

ラッキョウ

近くの畑に自家用にとラッキョウを植えていました。
2年連続して鹿に食べられてしまった。

そこで昨秋ホームセンターで
ラッキョウの種球を買ってきた。

それを鹿が侵入しないようにしている
畑の隅に植えた。

堆肥と有機肥料をたっぷりと与えた。
すると今まで見たことのないような出来です。

一球植えた株は大きく育ち
平均20球にもなっている。

まだまだ増えそうです。
今夏は美味しいラッキョウ漬けが出来そうです。

2017年4月22日土曜日

苺メリクロン苗

苺を同じ苗で作り続けていると
ウィルスに汚染されて生産量が落ちてきます。

それで今年は無病苗に更新しました。
いわゆるウィルスフリーの苗です・

この苗を作っているのは「三好アグリテック」です。
病気の無い頂点をスライスしてフラスコの中で発芽させます。

その苗を増やしたのがこの苗です。
来年の苺作りが楽しみです。

この品種は誕生してから60年が経過しています。
半促成栽培や家庭菜園の露地栽培でこの品種に勝るものはありません。

昭和50年ころは関西地方は宝交が主力でしたが
その後促成型品種(あきひめ、さがほのか、あまおう等)に代わってしまいました。

北海道豊浦町では宝交早生が作られ
産地化しています。

「宝交に始まり宝交に終わる」とまで言われた美味しい品種ですが
柔らかくて日持ちがしないので農家と販売店から敬遠されたのでしょう。